車の買取額が減る上にキャンセル料がかかる業者も

車買取の業者によっては、残念ながら少々良からぬ事を行っているようです。買取での減額ですね。
よくある話としては、2段階での査定です。例えば業者に車を見てもらって、その時に伝えられた金額が75万円前後だったとします。それで満足をしたので、車売却の契約手続きを行ったとしましょう。
ところが後日業者から連絡があって、減額が発生してしまう事があるのですね。それで60万円台や50万円台などに、ダウンしてしまう事があるのです。

 

キャンセルを伝えても名義変更の料金を請求される事も

 

このような時には、一般的には業者に対してキャンセルを依頼する事になるでしょう。最初に伝えられた話と食い違っている訳ですから、やはり車の売り手としては納得が行かないからです。
ところが業者によっては、ここで名義変更の話が浮上する場合があります。キャンセルを申し出るものの、業者からは「すでに名義変更が完了していますので、キャンセルの為には数万円の手数料が発生します」などと伝えられてしまう事があるそうです。車の売り手としては、泣くに泣けない状況になってしまう訳ですね。

 

支払いが早い所に依頼をして二重査定を回避

 

上記のようなあまり良くない業者も中にはありますので、ちょっと注意が必要です。それを防止するためには、やはり支払いスピードが早いところが良いですね。即日支払ってくれるような業者の場合は、減額の為の査定が行われる事も無いからです。
また最近の車買取の業者は、ホームページを保有している事も多いです。その公式サイトで二重査定は行われないと明示をしているような業者も、比較的無難だと思います。
それにしても名義変更のキャンセル料金がかかるという話は、あまり良くないやり方ですね。そのような所と契約をしないよう、よく業者を調べるのが大事だと思います。
オデッセイを売るなら