長い間トラブルが一度も発生していないファイヤーボールズでの車買取

車買取では、残念ながらたまにトラブルが発生しているようです。
事例が意外と多いのは、二重査定ですね。査定の時に伝えられた金額よりも、減ってしまうという事例などは情報サイトなどでよく見かけます。
それと名義変更に関するトラブルなども、たまに聞きますね。それが中途半端になっていれば、後で税金や事故に関するトラブルが発生する事もあります。ですので車の売り手としては、業者のトラブルの有無などをよく確認するのは大事だと思います。

 

アメ車買取の老舗であるファイヤーボールズ

 

ところで東京の町田市に拠点を構えているファイヤーボールズという業者では、主にアメ車を買い取っています。ファイヤーボールズの場合は、創業年数が非常に長いのが特徴ですね。
公式では、1,980年代に創業されたと明示されています。その時から営業を行っているとなると、車買取の業界ではかなりの老舗ですね。この業界では、20数年ほど買い取りを継続している業者であれば、老舗と呼べるからです。
老舗である以上は、やはりノウハウなどもかなり蓄積されていると思います。それだけに、ファイヤーボールズによるアメ車の買取金額も期待できると思うのですが。

 

20数年間トラブルが無かった

 

ところで創業以来長いという事は、トラブルも多かったのではないかと思われるかもしれません。歴史が長ければ、確かにトラブルが発生していても不思議はありませんね。
ところがファイヤーボールズという業者の場合、創業以来一度もトラブルが発生した事が無いのだそうです。老舗の業者によっては度々トラブルが発生している所もある中、それはとてもすごい事だと思いますね。
ファイヤーボールズの場合は二重査定も名義変更のトラブルも発生しないと明示していますし、安心してアメ車の売却ができると思います。老舗ゆえに買い取り金額も期待できると思われますので、一度その業者でアメ車の査定を受けてみると良いでしょう。